今まで乗っていたダイハツミラさんのエンジンから異音が聞こえたのが買い替えの切っ掛けになりました。

事件は4月の下旬に起こりました、会社からの帰宅中に突然、エンジンから「カラカラ」と異音が聞こえてきたのです。
途中、コンビニに寄り、エンジンを切ってオイルを見てみたら・・・・・・

(  Д ) ゚ ゚ 

ゲージにオイルが先っちょしか付いてない・・・・・・交換日と走行距離を見てみたら約1ヶ月半前の交換で2000kmも乗ってないでオイル切れとかこれ絶対シール欠けてるだろ!って状態・・・・・・orz
これは何時エンジンが逝ってもおかしくない(もう既に逝ってるともいう)ので休日に家の者の車を借りて次に乗る車を購入する為にディーラーや中古車センターを回る為に走ったのですが・・・・・・

俺「やっぱり今が主流のハイブリッドカーにしようか?ホンダフィット・・・・・・は走ってるの多く見かける、却下!」
俺「なら同じハイブリッドで手が出しやすいトヨタアクアorプリウス・・・・・・うん、トヨタの車は一度乗って飽きたから却下!」
俺「軽乗るか?」
俺「軽乗るっても、もうダイハツはいいや、おなかいっぱいだし、スズキ・・・・・う~ん・・・・・・」
俺「とりあえずどこかのディーラー突っ込んでみよう」

とか一人で運転しながら考えていたらスバルの前を横切った瞬間に・・・・・・

俺「スバルだ!」

すぐさま交差点を曲がり、ぐるり回ってスバルのディーラーに車を入れる・・・・・・そして入店。

店員「いらっしゃいませ~、本日はどのような件でご入店致しましたでしょうか?」
俺「今乗ってる車がエンジン逝ったから中古車でもいいから探しに来ました」
店員「中古車をお探しですか、ではこちらに展示されてますのでご案内いたします」

移動中・・・・・・

店員「どのようなお車をお探しでしょうか?」
俺「いやー、決めてないのよwwww」
店員「えっ?」
俺「いやね、ここ入る前にスバルさんの手前にホンダさんとトヨタの中古車センターがあるでしょ?」
店員「ありますね」
俺「ホンダさんの車乗るかなーと思ったけどパっとしなくてトヨタの車は飽きたからパスだー、と思ってスバルさんの前を通過したら、何か突然スバルさんに行こうって思ってぐるり回って入ったんです、ただ、スバルの車もいいなー、AWD乗ってみたいなーと思っただけで何乗るか決まってませんww」
店員「( ゚д゚)ポカーン」

そんなやりとりの第一戦目の開幕トークw

第二戦目

店員「とりあえず置いてある中古車なんですが敷地の都合上、あまり台数がありませんがこの中でどのようなタイプの車か絞ってみるのも商談するしない関係なく良いと思いますよ、ちなみにどれくらいのご予算でのご購入をお考えでしょうか?」
俺「そうだねー、予算は軽だと80~90万、乗用なら120~150万くらいの予算、けどこれだけ言えるのは、趣味が釣りだから釣り竿が積める長さの空間があるのがいいかな?それとそれなりの悪路を踏破できる車高があればいいなぁ・・・・・・」
店員「なら少し予算よりお高くなってしまいますがこちらのフォレスターはいかがでしょうか?」
俺「SUVかー、いいけどフォレスターって2000ccだったよね?でもこれN/Aでしょ?SUVでN/A2000ccは力不足って感じるからコレじゃないなー、隣のターボはもっと高いしさー」
店員「ですねー」
俺「今後の事考えたら、親乗せて走るにしてもフォレスターならまだ乗り降りは楽かもしれないけどもう少し車高低いのが好ましいけどそうなるとそこにあるレガシィ?いや、レガシィよりも気持ち車高高い方が乗り降りしやす・・・・・・」
店員「どうされました?」
俺「その車、気になります!」
店員「あ、同じレガシィでもアウトバックの方ですか?こちら、車検込みで59万ですが92000km乗ってますよ?しかし、これ程度がいいので個人的にはオススメできますよ、何なら車検が切れてるので動かせないですが実際乗り降りしたり車内も見てみますか?」
俺「是非!」
店員「では鍵をお持ち致しますので少々お待ちください」

お待ちすることカップ麺が出来上がる程度・・・・・・

店員「お待たせしました、では乗ってみて下さい」

へっぽこアークス搭乗中・・・・・・

俺「これ、乗り降りするのに楽ですね、車高とシートの高さが座ってから室内に足を上げて入れる感じだしいいかも」
店員「レガシィアウトバックは今までのツーリングワゴン系よりも車高が50mm高いので丁度良い感じだと思いますよ?それにワゴンタイプなのでお客様の要望に沿えるように釣り竿も入りますし、車高も地上高200mmなので多少の悪路も大丈夫ですし、AWDです、夏タイヤも冬タイヤも新品で買って溝が9割近く残ってますし、コレ実は他のお客様からも電話でお問合せがあるんですよ、H17年車で走行距離92000kmですがはっきり言って掘り出し物の優良物件ですよ」
俺「しかも事故歴無いでしょ?ボディーの損傷がパッと見で樹脂部の塗装剥がれしか気にならないし、樹脂だから塗装乗り悪いから剥がれてもおかしくないからね、それにそこまで塗装の剥がれは気になるくらいまでいってないし」
店員「お客様、見て分かるなんてどのようなご職業でしょうか?」
俺「某工場でCVTのリヤケース作ってますが、はっきり言いますよ?」
店員「はい」
俺「チラ見で事故歴分かる人って居たらバケモノですよね?直感で言っただけですww」
店員「( ゚д゚)ポカーン」
俺「これ気に入った、早速見積もりしてー」
店員「アラホラサッサー(`・ω・´)ゞ」

そんな経緯で見積もりしてもらった結果、走行距離が92000km走っているのでタイミングベルトの交換と、メーカー保証が中古なので1年しか利かないやつを更に1年、次の車検まで有効にしてくれるサービスパックを付けて85万という金額で提示されてそのまま商談してご購入、しかし、G/W前だったので納車は3週間後の予定となったんですが、仕事の都合で納車日を合わせたいから何時頃準備出来て日程をあわせようとG/W終わって3日くらい経って電話してみたら・・・・・・

俺「どうも、整備や手続きとかやってて忙しいところすいません、何時頃納車できるかわかります?」
店員「現在、絶賛、分解整備中です!」
俺「あ、整備中でしたか、それで納車なんですけど、仕事の休みが水曜木曜休みなんですが、水曜日確か定休日ですよね?木曜日は・・・・・・これだとちょっと無理ですよね?」
店員「ですね、すいません、万全の状態でお渡ししたいのと、整備員に無理をさせて不備があっても困るものですからその辺はご了解していただきして貰えませんでしょうか?」
俺「信用問題ですからね、金曜土曜って夜勤なんで明けの日曜日に納車はできますか?」
店員「29日ですか?29日なら完全にお渡しできる状態になってますのでその日で宜しいでしょうか?」
俺「ではその日で合わせて貰えますか、楽しみにしてますのでどうぞ宜しくお願いします」
店員「はい、こちらも万全の状態でお渡しできるように頑張りますので楽しみにしてて下さい!」
店員&俺「では失礼します」

そんなこんなで楽しみにしていた納車日・・・・・・

俺「待ちきれなくて引き取りにキター!!.∵・(゚∀゚)・∵. 」
店員「お待たせしました、時間をお取らせしてまことに申し訳ありませんでした」
俺「ディーラーも信頼が売りですししょうがないですよー、でもこうして待ってた分、納車時の嬉しさが増すのも楽しみですからね」
店員「そう言っていただけると、こちらも助かります、それにそういうお客様の笑顔も私たちスタッフ一同の士気も一層上がります、それで、こちらが車検証とリサイクル券、自賠責の書類です、で、こちらが整備一式の内容が表記されたシートなんですが・・・・・・まず、ATFとデフオイル、クーラントとエンジンオイルとフィルター、タイミングベルトを交換して・・・・・・」
俺「fmfm」
店員「バッテリーがダメだったので新品に交換しました、ブッシュに亀裂入ってたので新品に交換しました、ウォーターポンプの損傷が酷く新品に交換しました・・・・・・etcetc・・・・・・」
俺「ちょっとマテ、車検込みで車両本体59万だったよね?残り26万は保証1年延長、タイベル交換、ATF、デフオイル、エンジンオイル、フィルター、ブレーキオイル等の交換点検費用で考えてもさ・・・・・・」
店員「はい、総額89万では足りないくらいに赤字ですorz」
俺「デスヨネー・・・・・・何か凄く悪い気がしてきた・・・・・・(-_-;)」
店員「いえ、お客様があのアウトバックに惚れ込んだ熱意が伝わったので今回は勉強させていただきました、それに、提示した金額で契約したのでその辺の事は完全に想定外だっただけです」
俺「何か一層、大事に乗ってあげないとって気になりました、本当にありがとうございますm(_ _"m)」
店員「いえいえ、では改めまして、納車おめでとうございます、今後ともよろしくお願いしますm(_ _"m)」

ってようやく納車となり、冬タイヤを置きに自宅へ一旦戻り、それからドライブへ行ってきたんですが、92000km走ったエンジンとは思えないパワーで驚きました、そして帰宅したころには100km走ってました(;´Д`)

夜勤明けのまま引き取りに行き、ドライブに行ったので一睡もせずにいたから帰宅してから爆睡しました。


そして、今日は爆睡したはずなのに朝6時頃に起床して車に追加の3連ソケットを付けたりスマホホルダー付けたりして部屋でモニョモニョしたり朝ごはん食べて10時頃にまたドライブへ・・・・・・とりあえず家を出てから一路西へ・・・・・・

美笛峠を抜けて大滝村の道の駅に寄り、休憩してから更に西へ、着いた先は洞爺湖、記念に1枚
00316.jpg
場所は温泉街側の方、遊覧船乗り場から少し離れた駐車公園っぽいところ。

そして温泉街と反対側の湖畔へ回って・・・・・・
00315.jpg
公園の駐車場にて

帰り道はオロフレ峠走ってコーナリングでの足回りの性能をチェックしました、コーナーの多い峠でも普通に走る分には十分すぎる路面のトレース性と安定性、オロフレ峠越えてから白老のポロト湖から山沿いに東へ走ると途中から未舗装の道路になるので初AWD車の性能を試してみた結果、ディーラーが自信持って送り出せる性能だというのが分かりました、滑る直前にタイヤが反応して4輪全てのトルクをタイヤ1本1本個別に分配させて車体を安定させると言った方が正しいのですかね?
とにかく1度スバル車に乗ると次もスバル車に乗りたいって気になりますね!

その後、地元へ戻り、汚れた車体を洗車してからディーラーへ遊びに行き、担当の方とお話ししました。

担当「いかがでしたか?」
俺「走るの凄く楽しいですね、とても92000km走ったエンジンとは思えない良い車ですよ」
担当「今日も行ってきたんですよね?どこ行ってきました?」
俺「美笛抜けて洞爺湖行ってオロフレ通って白老から山沿い走って未舗装道路走破して戻ってきたら昨日と今日で400km走ってきました」
担当「ポーン(  Д )⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒...。....。コロコロ」
俺「え?」
担当「よ・・・・・・400kmデスカ・・・・・・」
俺「オロフレもコーナーきついの連続してる所とかあるから普通に走って足回りの安定性のチェックと未舗装道路でAWDの反応というか性能が如何なものかと試してみたくて今日は行ってきました、まぁ車が来て嬉しいのもあるんですが、昨日のドライブでアウトバックの乗り心地が良くて運転したくなるんですよ、それよりもこの年式のアウトバックってクルーズコントロールってオプションでしたよね?初めてクルーズコントロール装備の車乗ったんですが遠乗り楽ですね、大きい車体だから運転疲れないけどコレのおかげで更に疲れないですね」
担当「でしょ?クルーズコントロール装備だから余計に問い合わせが多かったんですよ、でもご来店いただいて即、商談成立したお客様は本当に運がいいですよ、劣化したり破損した部品全て新品交換ですし、距離数乗っててもエンジンのレスポンスは全く問題ない状態なのでこれはお客様の引きが強かったんですよ」
俺「多分、この車に呼ばれたんですよ、購入してくれって」
担当「きっとそういう巡り合わせだったんですね、大切にしてあげてくださいね」

と、色々と担当さんと話して帰宅しました。

明日も休みなんで、またどこかドライブ行こうと思ってたりしてます、それではまた(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト

壊れたから購入しました。

もう何年前かな?8年近く前だと思います、当時は衝動買いで買ったようなものだったんですが、とにかく欲しかったので買ったのを覚えてます。

確か税抜きで12.800円くらいで買ったのかな?CASIO EXILIM EX-Z57を購入したのですが・・・・・・

si_exilim01.jpg
↑コレです

購入当時のコンパクトタイプのデジカメでもエントリーモデルで600万~700万画素の物だったと思います、型落ちの物とはいえ当時で500万画素のコンパクトタイプのデジカメが最も安易に購入出来た物だったのであえてコレを選んだ記憶があります。

壊れるまでは一人で車を走らせ、観光名所で色々と撮ったり、スノーボードでちょっとした動画や一緒に行った友人を撮ったり、釣り場で釣った魚を撮ったりと出かける際に持ち歩くアイテムでした。

購入して1~2年目だったと思いますが、その時たまたま出かけた先でひょんなとこでモニター部の液晶が破損させてしまう事故を起こしてしまいました、それ以降、携帯のカメラ機能(と言っても画素数ですが)の向上により、代用で使っても殆ど遜色なく写せるという事でそこからEX-Z57の変わりに携帯のカメラ機能を使う事になりました。

普通に写すだけなら画素数も悪くない携帯のカメラ機能の進化は止まらず、時代はスマートフォンに移行してもコンパクトタイプのデジカメと争うように写せたのでコンパクトタイプのデジカメはいらないと思ってました、「買うならやはり一眼レフ!」というのもあったので余計でしょう。

しかし、事はゴールデンウィーク中に起りました、今まで父親の仕事の都合上、母親ばかり旅行へ連れて行ってたので母親が、「お父さんも連れて行って欲しい、何とか仕事の融通を利かせて行かせてあげたい」との願いがあって父親と旅行する事になりました。

旅行先は函館市、道内屈指の観光名所です、ただ写すだけならスマホのカメラで十分だが、いざズーム機能を使ったところでデジタルズームなものだから1000万画素以上のカメラ機能でも拡大した場合の画像の荒さは一目瞭然、屋内での撮影に被写体に寄ったり、部屋の端まで下がって壁に背中をくっ付けながら撮ったり、ズームを使って撮りたい物すら撮れないというジレンマにおかされつつ頭の中では「コンパクトタイプのデジカメでいいから買っておくべきだった」と後悔したのが事の発端でした。

そして購入に至る決心をして、数日前に家電量販店に行き、安易に購入出来るエントリータイプのコンパクトデジタルカメラを購入しようと値段の確認と予算内であれば即購入という流れになり、とりあえず近くの家電量販店に足を運びました。

到着してデジカメコーナーのコンパクトカメラが展示されているブースへ行くと、エントリータイプで置かれている商品が税抜き価格で10.000円を切ってるではありませんか!

5機種くらいありましたが、まず狙いを着けたのが3機種、SONY Cyber-Shot DSC-810、Canon IXY 150、CASIO EXILIM EX-ZS190の3機、その中でまず画素数で狙いを定めた場合、まずサイバーショットかイクシーの2択になりました、次に光学ズームの倍率で絞った場合、エクシリムの12倍が飛びぬけて他の2機種を上回ってます、更に手振れ機能を見ると、サイバーショットとイクシーが電子式、エクシリムが光学式、画像の劣化を少しでも減らすなら光学式とスマホ片手に情報収集した結果、画素数はサイバーショット、イクシーを下回っても、光学ズーム12倍、手振れ機能光学式のエクシリムが候補に上がり、店員を呼んで購入しました。

そして帰宅後のわくわく開封タイムww

00311.jpg
↑まぁ、コレ撮るのにスマホ使いましたがねw

とにかく念願(?)叶ってのデジカメです、本当なら一眼レフが欲しかったところだけど経済上、安いとはいえこれが限界、眼レフだとコレの十倍~十数倍、ましてや二十数倍はしますからね、あと、気軽に持ち歩いて気軽に収めるタイプならコレが一番でしょうし・・・・・・

そして日も変わってるので昨日の話になりますが、試写の為にちょいと市内の自然公園や大学の研究林に行ってきました、本当なら無加工で見せたいのですが、アップデートの容量をオーバーしてるので画質を落とさないと無理なのでここでは割愛します。

EX-Z57と比べて画素も3倍強、光学ズーム4倍+光学式手振れ機能付きで税抜き10.000切ってる価格で買えるのはやはり技術の進歩ですね、当時の写真と比較してもサイズの大きさや画質の違いがわかります。

気軽に撮影できるアイテムとして出かける時に持っていくには十分な物を購入したと思ってるので個人的には悔いはありません、悔いがあるとしたら先ほど言った通り、レタッチせずに日記に上げれないのが悔しいです。

お金を貯めて今度こそ一眼レフを購入したいですね・・・・・・

まず、はじめに注意書きから

この設定はあくまで私個人の好みの設定になります、異論、反論、誹謗中傷等のコメントは止めて頂きたいのと、この記事で取り上げる設定方法はグラフィックボードに負担をかけます、同じ設定をして故障等を起こしたという事についても責任は一切とりません、この事をよく存じた上での設定をお願い致します。

ここから本編!

今まで何の気無しでPSO2をプレイしてたのですが、最近、SS撮ったりしてたらジャギーが気になったのでついに「nvidia inspector」を導入してジャギーのカット等、アンチエイリアスを弄ってみました。

まず、画像の表示やジャギーのカットは勿論のこと、クエストに出て、PSEバーストやアルティメットクエスト、アンガ・ファンダージのタコ殴り等で目が眩しいようなエフェクト効果の中でも処理落ちしない設定を条件とします、処理落ちしない程度の設定とはいえ、カクカクした画面では折角の戦闘も「良きたぎる闘争よ」なんてテンションになりませんよね?それと、使ってるGPUがGe Force GTX-660TIというミドルレンジクラスのGPUの為、私が妥協できる範囲内の処理落ちでの設定をしてみました。

まず、私の使用しているPCのスペックですが、

CPU:AMD FX-4300 3.80GHz
メモリ:8.00GB
GPU:GeForce GTX-660TI

といった具合のミドルスペック(?)であろう環境でアークスとしての日々を過ごしております。

尚、設定の大元はこちら「七つの海」さんの設定を基に、GTX-660TI向けの設定をしてみました。

とりあえず比較からしていきましょうか、まずはエステでの画面比較

比較1
↑クリックで画像表示

画像に説明が載せてますが、左の画像はnvidia inspectorをONにした状態、キャラにぼかしが入って見えますが、滑らかな曲線で表示されていたりしますが、右のnvidia inspectorをOFFにした画像だとシャープではっきりと見える分、曲線で表示されている部分にジャギーが目立って表示されてます。

お次は背景の画像表示

比較2
↑クリックで画像表示

こちらの背景の画像にも説明してますが、nvidia inspectorをONにした上の画像は、背景全体がぼやけて見えますが、木や草花等が表示されていますが、下のOFFにした画像は画質こそシャープで見やすいですが、木が表示されてなかったり、木の葉が中途半端に表示されていたりと上の画像と比較して少しもの寂しげな背景ですね・・・・・・

こんな感じで画像自体、全体的にぼかしが掛かるのですが、近くまで寄らないと表示されていない背景が遠くからでも表示できたりキャラをアップさせてSS撮ってもジャギーを気にせず滑らかな曲線で撮影出来たりと個人的にはnvidia inspectorで設定して良かったと思えました。(しかし、これって冒頭でも言ったようにグラボに負担かかるから寿命縮めるのよね・・・・・・)

一応、動画も比較用に撮ったんだけど、nvidia inspector使ってPSO2キャプったからGPUに負荷掛かってカクカク、でもアルチとソロとじゃカクつきの差が違うと思うから分かるかと・・・・・・

しかし、動画の方はまだあがってないのであがり次第書きます、ではそのnvidia inspectorの設定方法ですが・・・・・・

冒頭の方で説明した通り、「七つの海」さんで配布されているデータを借りています、基のデータでも十分だったのですが、リンク先の考察動画のような高スペックマシンでないと使用できないような設定に近づけるように弄ってみたものです。

とはいえ表示されている物や、キャラの画質は天と地の差程あります、所詮、660TIで足掻く設定なので割り切って設定してください。

ではどうぞ

UO(150422-005216-75).jpg
UO(150422-005232-73).jpg
↑クリックで画像表示

このような設定をして頂ければジャギーが消えて、背景に表示される画像も増えると思います。

何度も言うようですが、このnvidia inspectorを使っての設定はグラフィックボードに負荷を掛けますので自己責任でお願いします。

以上、珍しく技術的な内容のPSO2日記でした。

参照記事http://faline373.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

冬季の仕事が薄いのは覚悟してたが、雪解け前の春仕事の段取りとかの連絡とか無いのを叔母が人のせいにするので頭に来たから仕事探すから暫く戻らないと言って実家に逃げてきたww

近いうちに残りの荷物を取りに行くww

働き盛りの定義とはどれを指す?

久々のうpとはいえいきなり重い話題になりましたね。

何故そのような事を思ったのかを説明すると、親戚の人が「30代~40代は最も盛んに働ける脂ののった年代だ」と言ったところから、ウチの考えていた「働き盛り」と別の定義が投げかけられたでした。

親戚の人が言うには若年層の社会人だと責任のある仕事はまだ早いから仕事を覚えるまでの研修期間で早くて30代でそれなりに責任を負う立場となり、収入も新社会人の頃よりも上がる、40~50代にもなれば責任のある仕事を管理し、達成し、収入も最盛期になる年代だという意見を聞いて、その定義は間違いでは無いが、少し腑に落ちなかったのでウチの屁理屈に付き合って欲しい。

まず、色々と分けてどの年代が最盛期なのかを自分なりに定義を当てはめてみようと思います。

「体力面」
一番体力的に最盛期なのは新卒である18~20代前半から30代にかけて、これは自分もやっていた(やっている?)のですが、1日働き、仕事が終わってから遊んで、仮眠程度の睡眠で仕事に行ってた事もあり、「若さゆえの特権」でした(です)、年を重ねる毎に体力が衰えるのが普通なので、20代と30代後半を比較した場合、体力面で最も発揮出来た年代は誰もが20代だと言うと思います、まさか40代の自分が20代の自分よりも体力があるなんて人は居ないでしょう、居たら多分サイヤ人です、ひっそりと地球の危機を救ってる人です、心の中でもいいので崇め、感謝しましょう。

「精神面」
精神的に最盛期を迎えるのは30代~50代だと思います、新卒~20代にかけては精神的に未熟な時期でもあるし、社会人としての「研修期間」でもあると考えている為、新卒社会人に見られる「仕事への意欲の低さ」というのが自分も体験した事があるからです。
上司や先輩のお小言や助言、説教、お叱りを受けて、社会人としての義務が(強制的にとはいえ)強まっていき、徐々に、仕事に対する責任感や達成感をバネにして最も成長出来る年代が30代だと思っています、20代で役職に就いてる人は自営か家業で才能のある人でしょう、国際的な大企業で20代で役職に就く人は本当に天才、秀才、人間的に成長し悟り開いてるレベルだと思います。

「収入面」
収入面的な全盛期はやはり40代~50代でしょう、責任のある仕事を受け、部下に指揮を執り、役職に就居た場合の収入額はかなり違うと思われます、役職に就いた人の場合は定年まで安泰して収入があると思います。

「肉体的健康面」
これは圧倒的に若い世代である新卒~30代でしょう、仮眠程度で仕事に行ける、怪我をしても治りが早い、暴飲暴食にも耐えられる、様々な肉体面ではやはり若さには勝てません、多分、上記で上げた「体力面」と同じです。

「精神的健康面」
一概には言えません、どの年代でも悩みやプレッシャーから鬱になったりだとか、精神的なストレスから人体に影響を与える程になったりとかどの年代にも当てはまることが出来るので定義に当てはめるのは難しいと思います。

「総合的」
やはり、どのような面を見ても総合的に「働き盛り」として見られる年代が30~40代となりますが、個人差や個人の思いで左右すると思います、親戚が言っていた「30~40代が働き盛り」という見解は最もだが、やはり体力や健康があってこその労働と考えてる人にとっては20~30代が一番の「働き盛り」になります、40代~定年にかけては体力が衰えるので無理も出来ない、健康に気をつけなければいけないと、若年層には勝てない部分も出てきます、やはり、がむしゃらになって働くことが出来る、体に鞭打っても耐えられる、自転車操業上等で働ける若い年代の20代~30代が一番の「働き盛り」だと思います。

とまぁ、個人的な屁理屈ばっかりの押し付け文でスマソ

PS:ウチの家は個人営で親父は無くなったじっちゃんと2人で仕事してた頃に20代で年収1000万弱稼いだ時期があったと聞いた、やはり働き盛りは体力があってこそだと思うんだ・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。