FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

例の手根管症候群の手術です、今はすっかり指も動くので報告がてらの日記です。

4/15日に「左手手根管開放術」という手術を受けました。

日帰り手術なんですが、指定された時間に病院へ行き、待たされること3時間、ようやく順番が回ってきました。

左手上腕部にタニケットと呼ばれる強力な血圧計を巻き、腕全体を圧迫するサポーターみたいな物で腕全体の血流を止め、局所麻酔を手首に数回射ち、感覚を麻痺させるのですが、例えて言うなら長時間正座をして足を伸ばした時に血液が一気に流れて痺れた状態をメスを入れても感覚が無い程、麻痺してる状態と言えば分かり易いでしょうか?

そこから手術が始まり、メスを置く音が聞こえてきました。

切開した場所は手のひらの付け根側に4cm程、横手手根靭帯という場所の掌側を切断し、正中神経の圧迫を開放させるのですが・・・・・・

思いのほか靭帯が硬かったらしく「ジョリッ、ジョリッ」と嫌な音が聞こえましたw

術医が「硬い」と言ってたので余程だったんでしょうw

靭帯開放後に「剥離」と聞こえたのですが、その時は「剥離って何を?」と、疑問に思ったのですが、圧迫された正中神経を剥離するという事なのでしょう・・・多分・・・・・・

切開した所を糸で縫い繋ぐ時に自分でも感覚は取れました、指先が折れ曲がり、「筋萎縮」をおこしていたのです、指を伸ばし、傷口を糸で縫い繋ぎ、ガーゼを当て、圧迫包帯して手術は完了。

術後、1~2時間程で麻酔が切れるから痛みが出たら飲むように痛み止めの薬が10錠出ました。

麻酔が切れたのか、痛みが出てきて早速1錠飲み、夕食を食べて、PSO2にログイン、この日はチャット民となり、右手でキーボを叩きましたw

その後に就寝したのですが、痛み止めが切れたのか、手の痛みで起きてまた薬を1錠、その後から痛みは無くなり、指先を軽く動かしてその日1日を過ごしました。

翌日、病院へ行き、包帯を取り、傷口にガーゼを当てるだけの簡単な処置を施し、医者と術後の経過の報告をして帰宅、10錠渡された痛み止めが2錠しか飲まないで痛みが無くなった事、これから先、リハビリとして極端に重い物を持ったり、掌を着いて立ち上がったりするような事を除いて、指先や手首は使うようにとの指導を受け、帰宅後にPSO2をしたとかどれだけ廃人ですか~?って自分で思いましたw

それで今日まで過ごしてきましたが、指や手首は大分動くようになりました。

今も両手でキーボに打ち込んでます。

痛みというか違和感はあれど問題があるといえば握力が序々に戻ってきてはいるが、まだまだ弱いという点、これはまだ傷口が塞がってないからしょうがないんだけどね・・・・・・

それ以外は至って良好、指先への痺れもありません。

次の通院は術後10日経過の4/25、この日に抜糸の予定です。

とりあえずは左手は一安心かな?

と、言うことで手術報告でした~
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【大型アプデ】ラジカルラボラトリー【再誕の光】

手根管症候群続き

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。